法人ETCカード 新会社・個人事業主のためのETCカード作成

法人でETCカードを作成することは、通行料金割引による経費の削減はもちろん、従業員の交通費清算を各個人で行う煩雑さが解消されるなど非常に大きなメリットとなります。

ですが、一般的に法人ETCカードを発行しようとすると、特に新会社個人事業主ではクレジットの審査を通過することが難しく、発行してもらえないとお困りの方も多くいらっしゃるようです。

しかし法人ETCカードの作り方は他にも方法があります。

当サイトでご紹介する「高速情報協同組合」でしたら、新会社や個人事業主の方でも簡単な手続きで作成することが可能です。

↓ ↓ ↓詳しくはコチラ↓ ↓ ↓

新会社・個人事業主でも作れる法人ETCカード

高速情報協同組合のETCカードをお勧めする訳


  • 高速情報協同組合のETCカードは、一般的なクレジットカード会社の発行するものとは異なり、組合に加入することで発行してもらえるため、設立して間もない新会社やなかなか信用度を得にくい個人事業主の方でも法人ETCカードを作成することが可能です。

  • 組合に加入するために出資金(1社あたり10,000円)とわずかな手数料が必要ですが、出資金は脱退時に返金してもらえます。

  • 複数の従業員のいる会社でも必要な枚数(複数枚)カードを発行してもらえます。

  • 従業員に現金を持たせる必要がなく、またクレジット機能を持たないために、安心して預けることができます。

しかし、そんなに簡単に発行してもらえるなんて大丈夫なのか!?と心配される方もいらっしゃるかもしれませんがご安心ください。
高速情報協同組合は、中小企業の事業を多角的にアシストするために設立された組合で、ETCカードの発行をはじめとした共同購買・共同利用を通じ効率の良い事業経営のサポート、コストの削減や新たな経営戦略に役立つ情報の提供や異業種交流など様々な経営活動を促進サポートしており、法務省・福岡財務支局・福岡国税局・文部科学省・九州厚生局・九州農政局・九州経済産業局・九州運輸局・九州地方整備局・九州地方環境事務所といった様々な省庁の認可を受けています。

法人ETCカード作成のメリット

経費削減

車載器の搭載が前提となりますが、早朝夜間割引、深夜割引、通勤割引、平日昼間割引など走る時間や曜日に合わせて様々なETC割引が利用でき、通行料金が30~50%OFFと非常に料金面でメリットを受けることができます。

経理業務の軽減

会社での経理業務は、業務自体には生産性がなくできるだけ簡素化したい業務です。現金を利用すると各社員ごとに毎回交通費の清算を行う必要があったり、回数が増えるだけ間違える可能性も高まります。
ですが利用明細(請求書)での一括した経理処理が可能となりこの部分のメリットもかなり大きいと言えます。